全国食鳥新聞社は、食鳥肉の生産から物流、販売までの業態に関わる業界人の必読紙、食鳥肉業界唯一の専門紙 「全国食鳥新聞」 を発行しております。

株式会社 全国食鳥新聞社

全国食鳥新聞社 〒110-0004 東京都台東区下谷2-1-10 TEL 03-3876-1870 FAX 03-3871-6131

 

HOME»  TOPニュース

TOPニュース

全国食鳥新聞

 

需要拡大のチャンス活かす

節目の60周年で企画も多彩に
食鳥協会が新年会

 (一社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は1月8日、東京・港区の浜松町東京會舘で新年賀詞交歓会を盛大に開催し、200名超の会員や来賓などが出席した。鶏肉の需要は健康志向等を背景に拡大傾向が続いているものの、生産段階の再整備などが進み、昨年の鶏肉の供給は増加し、需給面では供給が需要を上回る局面が見られ、食鳥市況も近年では年平均で最安となった前年をさらに下回る動きとなった。佐藤会長は、国産鶏肉の生産が今年も前年を上回り安定した供給が見込まれる中、「テーブルミート需要のさらなる掘り起こしに加え、成長分野の冷凍食品や缶詰などへの参入への取り組み喚起、そして海外への輸出での市場開拓に取り組む」考えを表明。さらに本年が協会設立60周年を迎えることから、記念イベントなどで、国産鶏肉の需要喚起につなげたいとした。

 

最新号情報(第1246号) 2020年1月15日 発行