全国食鳥新聞社は、食鳥肉の生産から物流、販売までの業態に関わる業界人の必読紙、食鳥肉業界唯一の専門紙 「全国食鳥新聞」 を発行しております。

株式会社 全国食鳥新聞社

全国食鳥新聞社 〒110-0004 東京都台東区下谷2-1-10 TEL 03-3876-1870 FAX 03-3871-6131

 

HOME»  TOPニュース

TOPニュース

全国食鳥新聞

 

巣ごもり需要で鶏肉の家計消費、最多更新

1世帯当たり購入量・額 共に11%増

 総務省が5日発表した2020年の家計調査(2人以上の世帯)の消費支出は1カ月平均1世帯当たり23万3568円となり、物価変動を除いた実質で6.5%減と、2年ぶりの実質減となった。新型コロナウイルス感染症の影響による、外出自粛などの影響が消費に大きく響いた。所領支出も1カ月平均8万198円で実質0.3%減となり、2年ぶりの減少となった。ただ、食料支出も外食費などが大きく落ち込んだ反面、巣ごもり需要で生鮮食品などは伸びが大きく明暗を分けた。なかでも生鮮肉については食生活の内食化が進んだこともあり、大きく家計消費は伸びがみられた。生鮮肉3品(鶏、牛、豚肉)の家計消費はいずれも前年比10%前後の大きな伸びをみせており、鶏肉の家計消費量は購入額と合わせ、過去最多を更新した。鶏肉の昨年の消費構成割合についても、家計消費が伸びたことで、家計消費の比率はアップしたと見られる。

最新号情報(第1272号) 2021年2月15日